SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケノコ診療所ブログ

こちらはインドネシアにある、日系医療クリニックタケノコ診療所のブログです。
<< 無縁社会というもの。 | main | 新型インフルエンザワクチンがジャカルタで出来る。 >>
わが青春の森田明生(精神科医)の逝去に寄せて。
0
     同級生に森田明生という男がいた。田舎の国立大学であった。

     出会いは 大学キャンパス。医学生として勉強をしようと考えていた
    矢先 森田という男と出くわしてしまった。

     かれは肥満体で寝巻きにサンダルを履いており アイスキャンデーをなめながら キャンパスを歩いていたのであった。一目惚れというものは 異性に対してはあるのだが なぜか私は この森田なる男に一目惚れしてしまったのである。

     「ああ この男と お友達になりたい・・・」と確かに思った。
    断っておくが 私は異性に恋する趣味はまったくないのだが 運命的とも
    いえるオーラを この森田から感じたのである。そのオーラに感染して
    私も怠け者になってしまい 後年落第留年をする羽目になるのだが・・・。

     あこがれて 数年 上級生だったはずの森田は なぜか同級生となっていた。同じ教室で 学んだ・・・というのは無理があるが 一緒に遊んでいたのは確かである。一緒に学んだことは ほとんどない。そもそも 彼も
    私も 学校には行くが 生協の喫茶店で引っかかり 教室に行くという習慣は ついにできなかったからである。

     ある日 医学生理学の授業。ほとんど授業に出てこない森田が 朝一の
    授業に出てきたのだ。クラスの者は どうしたんだ?いったい・・・なにが
    森田に起こったのか?不思議でもあり 不気味でもあった。

     教授が 森田が一番前の机に座っているのを見つけ・・おお 森田
    朝一番の授業によく出てきたな!と声をかける。

     森田「はい 学生の本分は勉学であります」と答え・・・

     教授「うん さすが森田だ。今学期 初めて顔を見たが こころ構えが
    いいな・・・それに 今日は着流しか・・・?」

     森田「 はい 本日より こころを入れ替え 学問をするつもり
     であります」

     森田は 寝巻きで運動靴のまま授業に出てきたのである。

     そして・・・30分後。

     教室中に 森田のいびきが響き渡った・・・。森田はよだれを流して 熟睡していた。教室の一番前の机である。

     教授「おい 森田!! 起きろ! 心を入れ替えたんじゃないのか?」

     森田「 は・・・・はい」

        目を覚まして彼は言った。

        「す すみません・・・ちょ ちょっと油断しました!!」

       教室は怒涛の笑いに包まれ 教授も怒るのを忘れ 今日は森田が疲れているようだから これで終わり!!と言い・・一体これが医学部 の授業なのか?と部外者が見たら 医者不信になるかも知れぬほど いい加減で楽しい学生時代の始まりであった。

     その 森田明生が 信州で亡くなった。享年52。早すぎる逝去
     だった。

     出会いから どうしても書かなくてはいけないような気がしている。

     森田の鎮魂をこのブログで 少しずつ行なって行きたい。

     森田は・・・ぼくの青春だったからだ。
    | - | 20:09 | comments(127) | - | - | - |
     森田先生の哀悼文を読ませていただきました。私は数年前、森田先生にうつ病を治していただいた33歳の男性です。
     医学部生の頃の森田先生のエピソードを読ませていただき、私の知る先生をなんとも如実に表していて、先生のことが懐かしくなり、コメントを書いている次第です。
     また、「森田なる男に一目惚れしてしまった」「森田は僕の青春だった」・・・。私が思っていることを代弁しているような気がして、takenokoさんに親近感を持ちました。
     医師としての森田先生はとにかく患者さんのことを第一に考えてくれる人でした。患者との面談時間を病院の診察時間を無視して必要なだけ長く取るため、病院の事務職員からは迷惑がられていました。いつも面白いことを言って患者を笑わせていました。患者を食事に誘っては、いつも高額な食事代を払ってくれました。そして、患者さんの悩みや不安を一身に引き受けていたことが、早すぎる死につながったのではないかと個人的には思っています。
     私もどれだけお世話になったか、ちょっと一言ではまとめきれません。ご迷惑でなかったら、また、コメントさせていただきます。
    | 田村 真 | 2010/04/25 7:03 PM |

     コメントありがとうございます。

     森田は どこにいても 何をしていても森田でした。

     ほかの科でも同じですが 精神科というのは特に 患者と
    医者の相性が問題になりますね。

     あなたは森田流がまさにあっていたのでしょう。相性が
    いい場合 彼の顔を見るだけでよくなる患者さんがいたとして なんの不思議もありません。

     ぼく自身 医学生 医師時代を経て 森田という男が
    いかに癒しのオーラを発していたのかを実感しています。

     その方法が世間並みでも 保険適応でもなかったのですが
    彼は一種の天才だったと言えます。

     きっと 笑っているうちにあなたの病気はどんどん小さくなっていったのでしょう。

     森田式爆笑治療法とでも 名前を付けたいところですが
    実際に 森田がどんなことを言ったのでしょう?天才のする
    ことで 凡人には理解不能だったり 同業者にも認められない方法であったやもしれません。

     でも あなたはよくなったのですから 森田式治療の
    生き証人です。その天才的治療法を 世に伝えてください。
    | タケノコ医者 | 2010/04/26 9:15 PM |

    僕は、森田の高校時代からの親友です。米子の高校時代から、代々木ゼミナールでの予備校生活、松本での大学の頃、医者になってからの滝沢病院での勤務とか、森田君の人生を、森田君の家族に入れてもらったようか感じで、ずっと見て来ました。
    彼は、ずっと、僕の心の中にあって、今も、あります。
    たぶん、takenokoさんにも、松本で、会って、一緒に食事をしているように思います。あの方かなぁ。ご無沙汰しています。
    森田君からの、最後のメールは、まだ、この携帯の中にあり、森田君のメール番号も、電話番号も、まだ、この携帯の中にあります。森田君が、数年前に、僕にくれたCDがあります。千の風になって、という歌のメドレーです。
    僕のお墓の前で、泣かないでください。僕は死んでなんかいません。千の風になって、ふきわたり、貴方を見守っています。という歌です。
    森田君が最後にくれたCDは、森田君自身が、自分の命が、もうそんなに長くないのを予感してたような、そんな事を感じさせてくれます。
    いつまでも、みんなを見てるよ。一足お先に逝っちゃうけどね。ごめんね〜、先に逝っちゃって。
    そう、森田君は、あの調子で、言っているのでしょう。
    森田君、困るよ〜。僕はねぇ。
    | エンジニア | 2010/06/25 7:15 AM |

     お便りありがとうございます。

     森田はいい人間関係に恵まれていたと思います。損だとか
    得だとか そういう計算が全然できない人でしたね。

     人を喜ばせる 人を面白がらせることに一生を賭けたと
    言ってもいい人でした。

     森田は馬鹿だ・・・・とよく言っていましたが 馬鹿でない森田なら 森田でなくなるほど森田は最後まで馬鹿でした。

     しかし本当の馬鹿になりきるには森田は少し頭が良すぎて
    「あんたは言うことに矛盾がある!!」とか言って 激しい
    議論・・・というより口げんかになることもありました。
    森田には 森田の哲学と価値観がちゃんとあって そのアンバランスが本当に危なっかしかった・・。

     ぼくが出会う前の森田にとても興味があります。彼の高校時代はどんな風だったのでしょう?偉大なお父上をかなり強く意識いていたことは気がついていました。

     よろしかったら その辺のこと 森田のエピソードを教えてください。

     
    | タケノコ医者 | 2010/06/27 12:08 PM |

    本当に”魅力溢れる”愛すべき、快男児!森田君でした。
    では、高校時代の森田君を、レポートします。
    僕も、自分の数学と理科の能力には、自信があったのですが(田舎の秀才が集まるような高校でしたから)、森田君は”この人は、かなり賢い”という事を感じさせる部分がありました。理数だけでは無く、特に、漢文研究では、プロ並みでした。でも、勉強という意味では”授業はよく眠っていたなあ・・”森田君は、一番前の席で、僕は、となりの席で、森田君を、よく起こしていました。
     高校時代の森田君を一言で言えば”バンカラ”です。”喧嘩エレジー”という白黒映画があります(ちょっと、古い映画なのですが、機会があれば、是非見て、森田君の原点を感じて下さい)。その映画の主人公の高橋秀樹(森田君よりも、かなりいい男ですが・・・)が、高校時代の森田君です。反骨精神満載で、すぐに、喧嘩しちゃう森田君。喧嘩に強いか弱いか、相手が強いか弱いか、は考えません。”喧嘩エレジー”は古い映画なので見れない場合には、椎名誠の”黄金時代(これは小説)”を、読んで下さい。
     森田君も僕も米子東高校の同級生です。森田君と二人で歩いていて、前から、不良風の高校生の4人組が歩いて来るのを見ると、ちょっと、危険のサインが出て来ました。森田君を引っ張り、横道に逸れないとイケマセン。
     社会人になってからも、森田君と一緒に、二人で細い道を歩いていて、前から不良風の若い4人組が来ると、危険です。相手が”おい、気を付けろ”とでも言えば、森田君は”何!もう一度言ってみろ”と、言い返します(実際に、そうなんです・・・”となると、一緒にいる私は”ちょっと、ちょっと、みなさん、ここはここは冷静に・・・”と、アタフタ・・・(実際に、そんな事もありました)。
     一難去って、”オオツカ君!(私ですが)何で止めるんだ”と、森田君が言うので”モリタ君、あそこで、4対2で喧嘩したら、我々ボコボコよ。我々は、社会人だし勝っても新聞沙汰になるだけだよ・・やめとこうよ”こんな風に話をして、大好きな珈琲タイムになりました。
     僕から、森田君を見ると、喧嘩エレジーの主人公の”高橋秀樹”を演じ切ったのが、森田君です。森田君の友達は、おそらく、森田君の中に、バンカラのヒーローを見ているのだろうと思いますが、それは、高校時代の森田君の頃から、彼の内面に、ありましたよ。
     


     


    | エンジニア | 2010/06/27 6:46 PM |

     高校時代の森田が 喧嘩エレジーの高橋秀樹だった・・・というのは ちょっと意外でした。

     どちらかというと・・・宮沢賢治の雨にも負けずのなかに
    ある 喧嘩する人あれば 無駄だからやめろといい・・・・という風かとおもっていました。

     本は好きで いろいろ読んでいましたね。惜しいかな
    彼は論評はするのに 作品を残すほど筆まめではなかったうです。

     30を過ぎたころから 森田が自分で意識していたのは 山頭火ではなかったかと思います。めちゃめちゃなところは確かに似ていて そこがまた馬鹿馬鹿しくて たまらない魅力でした。

     ところで・・・・親友の方にお聞きしますが 森田が
    恋した女性についてなにかご存知ですか?その女性とどこで
    で出会いどうなったのか? 人に言えないで来ましたが 森田は あなたには何か言っていたかもしれないと思います。
     なにか聞いていたことがあれば 教えてください。

      
    | タケノコ医者 | 2010/06/29 5:49 PM |

    Dr.takenokoさんから、”ウムムム・・・”という、鋭い質問があります。かなりの部分が忘却の彼方に行ってしたという事もあって(昔の事で、忘れてしまった・・・)正確かどうかはわかりませんが、今、思い出すと、森田君から、女性の話も聞いていました。
    もう、40歳を過ぎた頃に、森田君と話した事があります。
    「我々が、今までの人生経験のままで、高校生の頃に戻れたら、完璧な人生が過ごせるけどなあ・・・アハハ・・」
    我々は、人生を語り、空想的な恋愛論を語る事は出来ましたが、最も肝心な”実践論”がカラキシ苦手、という根本的な問題が内在していました。森田君の友人達は、おそらく全員が、そんな感じだと思いますが。。
    でも、若い頃、30台、40台の頃と、今から思うと、森田君らしく過ごしていたように思います。
    「森田君、そろそろ結婚してみたら・・」と、薦めた事もありますが、彼は、結局、結婚には踏み出せませんでした。森田君が、結婚に踏み出さなかった理由は、解りませんが「僕は、我儘だから、結婚したら相手は苦労するから」とか、言っていました。
    森田は、結婚はしませんでしたが、病院では、患者さんたちの、父ちゃん、母ちゃんでした。
    森田君が滝沢病院に勤務していた時に、私も、滝沢病院にあった円卓(森田君が購入したものかなあ・・・)に座って、患者の方と世間話をしながら、森田君を待っていました(夜に温泉にでも行こうと予定していましたから)。
    彼は、仕事の合間に、朝から、朝ご飯・コーヒー・昼ご飯・コーヒーを出してくれて、結局、夜の12時頃まで、病室の見回りをしていました。彼は、患者さんから、とっても慕われていて、彼の前で、泣いている患者さんもいました。患者さんを、自分の家族以上に大切にして、24時間の勤務をしていました。患者さんが亡くなり、その患者さんの身寄りが無かった時には、自分でお葬式を出していました。彼の勤務は、もう、仕事の域を超えていました(あの厳しい勤務では、私は、一週間で倒れてしまうでしょう・・・)。
    休日には”勉強会を開催”とか言って、病院の若い職員の方を連れて、食事したり、遠くに講義を聞きに行ったりしていました(費用は、勿論、彼が負担していました)。彼は、みんなの、父ちゃん、母ちゃんになっていました。
    そんな状況ですから、なかなか、結婚して、家族を作るという事が出来るような感じはしませんでした。
    森田君は、(高橋秀樹+山頭火+宮沢賢治)÷3=森田君
    あまりに、単純ですが、彼は、みんなに慕われて、とっても、頑張って、頑張りすぎた感じがします。
    もう、もう、何だか、恋愛を超えてしまって、人間愛とかの領域に入っていたのかもしれません。人間は、好きでしたねえ。。
    ”森田君、あんまり仕事とか、患者さんに感情移入すると自分の身がもたないよ”と忠告はしていたのですが、どうも彼は、人として、優しすぎました。でも、それが、森田君でした。












    | エンジニア | 2010/07/02 11:22 PM |

    初めまして、突然のメールで失礼します。私は、先生が研修したと推測されるT洲会本部で、10年程医師対策をさせて戴いておりました中瀬(なかせ)と申します。
    先生の親交のありました森田先生とは、T洲会が出雲に病院を作る時に何度か診療所へも訪問させて頂き相談に乗って頂いた関係です。名瀬の成山さんや本部の宮崎部長は覚えていらっしゃいますか?
    その後、退職しまして、現在の会社(株式会社MHP)を立ち上げから携わっております。
    森田先生は本当に優しい良い先生でしたね。
    丁度、別件で相談したいと思っていたところでした。
    先生とは何度かお酒を酌み交わし先生のお人柄や考えを聞かせて頂いた事が今となっては、懐かしい限りです。
    お悔やみ申し上げます。
     また、機会がありましたら先生とも来日の折りにはお逢いさせて頂きたいと思います。 
     これを機に今後とも宜しくお願い申し上げます。

    末筆となりましたが、貴院様の益々の御発展お祈り申し上げます。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。
                         敬具
    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/【安定した医療経営のために】
     株式会社MHP 
    〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-4-8 北阪急ビル6階
    TEL:06-6375-9191 FAX:06-6375-9181
    中瀬 礼男拝
    http://m-h-p.co.jp
    医学生サポートセンター http://mezasedr.jp
    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    | 中瀬 礼男 | 2010/10/20 11:13 AM |

     中瀬さん・・・ですか? たぶん徳洲会のどこかでお目にかかったことがあると思います。

     宮崎さんも 成山さんも存じ上げています。名古屋 徳之島 沖永良部 庄内余目・・・田舎中心に回り そのころには 徳洲会新聞で ふにゃふにゃコラムなるものを連載していました。ずいぶん昔のことです。

     医師 看護師のリクルート会社をされているのですね。
    ぼくも どこか幸せになれる病院がないか?探したのですが
    日本では見つからず アジアへ飛び出してしまいました。

     そのころのぼくと同じように不幸な医者 看護師がいたら
    ただで紹介してください。これからは アジアの時代ですから リクルートもそのへんが大事になるでしょうから。

     日本の医療は いわば幕末状態。混乱をへて 維新なるか?ですね。

     

     
    | タケノコ医者 | 2010/10/22 11:29 AM |

    さっき森田明生さんの夢を見ました。思い出を書きました。コピーします。http://d.hatena.ne.jp/mushou/20120603
    森田明生に会った夢を見た。どこか書店か図書館で森田さんは巨体をそそくささせて、本を探している。僕が声をかけると「あれ、僕だって分かりました?」もちろんだ。あなたを見間違えるはずはない。「終わったらどこかで飲みましょうよ。待っているから。」そこで目が覚めた。私は死ぬまで待つしかない。
    森田明生は私の信州大学時代の親友で数年前、糖尿で死んだらしい。わからない。その頃、私は浅間温泉奥、北大湯旅館裏の倉庫に住んでいたが、30メートルほど離れた公民館だった場所に森田さんは住んでいた。家の周りには新聞が積まれていて、いつだか村人が処分したら、森田さんは「大切な資料を」と言っていたという。松本のタウン誌にグルメ記事を書いていた。これがやたら面白く、傑作だった。巨体に白のテニススコートを着ている。丸眼鏡で煙草を吹かす着物姿の文人。父子相伝の蛍の舞、お尻に蝋燭。蛍の衣装は父上が「明生、これを使いなさい」と米子から送ってきたという。明らかにコスプレの怪人にしてグルメライターで、きっかけは忘れたが自然に友達になって、よく飲んだり食べたり歌ったりした。私の部屋に女性が遊びに来るとそそくさと「はっ、瞬間的に」なんて言って頼んでもいないのに大量の料理をつくって来てくれた。留学の前後には居候させてもらった。医師の国家試験の時は僕が北京から買ってきたLLサイズの人民服を着ていった。2回目に合格した。信州大学を卒業するのはもったいないと9年いたから、少し年は上だったと思う。東京に来てからも会った。「濾過したりする医療用具がですね、どぶろくをつくるのにですね、すごく適しているわけです。」と持ってきた自家製のどぶろくに何かしゃれた名前のレッテルを貼って、池袋の飲み屋に持ち込みで飲んだ。その頃は信州の山に犬と一緒に住んでいた。年賀状は連名で3匹の犬たちの名も届いた。「いや、僕の精神科患者の人がですね、「私は松本城の家に帰る」っていうんですね。ええ、一緒に芝居とかやっています。」楽しそうな様子が想像できた。こうして時々夢で会えるのか。
    | MakiYoichi | 2012/06/03 3:18 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2014/12/22 1:53 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/06/04 6:26 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/06/14 9:10 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/06/28 10:39 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/07/05 4:53 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/08/11 7:18 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/08/18 7:42 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/08/20 3:54 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/08/31 12:56 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/09/12 7:07 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/09/24 7:27 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/09/30 7:46 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/10/13 2:42 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/10/29 12:55 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/11 7:23 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/17 3:54 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/17 1:14 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/17 1:56 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/17 7:10 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/17 10:41 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/17 11:22 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/18 8:05 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/23 9:58 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/29 5:13 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/11/29 4:15 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/12/01 10:49 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/12/01 3:33 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/12/02 7:18 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/12/03 9:34 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/12/10 11:04 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/12/14 12:58 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/13 3:00 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/14 8:34 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/16 10:05 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/17 6:56 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/19 1:08 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/20 10:48 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/21 12:27 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/21 9:54 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/21 9:51 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/22 11:36 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/23 12:47 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/24 9:49 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/24 11:17 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/25 7:48 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/26 11:31 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/27 2:55 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/28 3:01 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/29 6:39 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/30 4:08 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/30 6:31 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/01/31 11:35 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/01 6:36 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/02 2:14 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/02 11:30 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/03 6:22 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/07 8:02 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/10 8:55 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/10 9:42 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/12 8:46 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/17 11:11 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/18 8:40 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/02/19 10:03 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/14 6:02 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/14 11:40 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/16 6:48 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/24 5:40 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/24 5:53 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/24 5:56 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/26 2:12 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/27 2:41 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/03/28 4:39 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/02 11:57 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/03 3:17 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/05 5:51 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/06 5:03 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/07 7:36 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/09 4:11 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/11 11:14 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/12 1:51 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/13 7:18 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/14 11:43 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/17 5:33 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/21 6:27 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/24 1:47 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/24 5:53 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/26 12:09 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/04/26 6:45 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/04 1:11 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/06 3:55 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/06 11:07 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/07 1:02 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/11 7:35 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/16 5:51 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/17 5:21 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/18 10:58 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/21 5:52 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/23 3:09 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/27 2:52 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/28 5:15 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/05/30 3:37 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/06/06 5:53 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/06/06 4:28 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/06/08 1:49 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/06/09 11:39 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/06/11 10:12 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/06/29 3:49 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/08/05 3:44 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/08/06 3:41 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/08/27 7:03 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/08/28 6:40 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/09/08 11:41 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/09/22 6:06 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/10/15 12:33 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/10/16 12:17 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/10/16 4:34 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/10/19 11:24 AM |