SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケノコ診療所ブログ

こちらはインドネシアにある、日系医療クリニックタケノコ診療所のブログです。
<< タケノコ夜間救急室開設。 | main | タケノコ診療所 とうとう年中無休に! >>
入院サービス開始。
0
     ははは・・・というか とうとう病院と提携して入院サービスができる
    ことになった。

     診療所から 夜間診療 その続きが入院サービスである。
    ご存知の方も多いと思うが 入院が必要なのになかなか部屋がみつからなかったり 主治医とのコミュニケーションが悪いために 入院したらますます
    困ったり 不安が高まった・・・ということがあるのである。

     医療が文化でもあり インドネシアで当たり前のことが 日本人にとって
    当たり前でないということが大きい。システムの違いも大きい。

     システム的に日本とインドネシアが大きく違うのは 日本では医師は
    病院の常勤であり それゆえ医師は患者と病院の両方に責任を負っている。
    一方 インドネシアの専門医の多くは 病院と契約関係を結んでいるだけの
    パートタイムであることがほとんどである。

     患者は医師と診療契約を結ぶことになり 問題があっても病院に文句を
    言ってもあまり相手にしてもらえない。

     ここが入院サービスの難しさの原因でもある。入院してからも 医師と
    患者の間の関係がスムーズに進むようにしないといけないわけである。
    これは 言葉の問題だけでなく 看護にも関わることである。

     患者にかかわるすべてのスタッフが情報を共有して対応するということで
    入院させれば あとは知らない式ではいけないということだ。

     わがスタッフは 入院したあとも病院スタッフとの連絡を密にして
    患者に必要なケアをし続けるということが大事なのだ。

     これができなかった。外国人の医者が 入院患者を訪ねて あれはどうなっている これはこうすべきだ・・・と言ったところで 暖簾に腕押し・・・どうにもならないシステムと文化の壁に阻まれて 困ったことが
    何度あっただろう。

     しかし タケノコ式入院サービスも とうとう実現しつつある。

     無論完全ではない。しかし 病院スタッフにも 日本式の看護を示唆できることは大きな進歩だと思っている。CTも MRIを始めとする検査もすぐに
    できる。

     必要な場合 ご利用いただきたい。
    | - | 22:05 | comments(1) | - | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2011/01/13 1:20 AM |