SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケノコ診療所ブログ

こちらはインドネシアにある、日系医療クリニックタケノコ診療所のブログです。
<< タケノコ診療所 とうとう年中無休に! | main | タケノコの新人医師 >>
ちょー 久しぶりい! 24時間オープン診療所開設1年半!
0
      もう怨念に近い執念で開いた24時間オープンのタケノコ診療所。無我夢中で なんとか
    1年半。

     おかげさまで ずいぶん多くの邦人にりようしていただき よかった 助かった等の
    ことばもかけていただいた。あ もちろん 至らないことろもまだあって おしかりを受けたこともたびたびあった。

     甘える訳ではないが 日本でも24時間オープンの医療機関は多くないはずで わが診療所
    が24時間開いているのは けっこうすごいと ちょっと誇らしく思うこともある。

     何でもないことのようだが これは結構難しい。悪いが ほかの医療機関で すぐにまねが出来ることはないだろうとも思う。何が そんなに難しいか?というと 一応ちゃんと日本人に対応できる医師 看護師を確保しないといけないのだが それがすぐにできる医師や看護師は
    インドネシアには ほとんどいないのであろ。

     いくらさがしても 24時間を埋めるほどの数の医師をそろえることは ほとんど不可能である。日本人の患者にローカルの医師 看護師だけで対応するのは それほど難しい。

     日本語の対応 保険の取り扱い 診断と治療 緊急時の入院手続きを すべて現地スタッフで
    行う訳である。断片的な経験や 日本語の知識程度では チームにならない。

     我が診療所は 8年前から 若い医師 看護師 日本語対応できる受付まで スタッフを育成して来た。すなわち スタッフを育ててきたということだ。その数 研修終了 および研修中の医師は20蘓名。

    なかには すでに専門医になるために ドイツに留学した医師もいるが タケノコは実は 臨床の学校である。医学部を卒業はしたものの 臨床の場で レントゲンも 超音波検査も 血液データの読みも きちんと教えてくれる場所がないのがインドネシアである。
    だから タケノコで 私が医師としての基礎的な技術を教えてきた。

     日本で落ちこぼれだった私が まさか ほかの医師を指導するなどと 想像もしなかったが。、、、 そうNHKのテレビ番組 Gドクターまがいに。。。。というと まあ そんなきちんとではないが ちゃんと教えている。

     彼らは わたしの弟子である。でしが20人。 では 彼らがどのくらい信用できるか?と言われると そう 自分の家族が病気になった場合 もし 自分が近くにいなかったら 迷わず
    タケノコで相談しろと言える。基礎訓練は きちんと受けて 医師としてまだ未熟な点はもちろんあるが 日常の当たり前の病気を 当たり前に 医学的に診断して 適切な治療を行うだけの
    ことは十分出来る。 自分の力で理解できない場合 帝王で着ない場合には 迷わず 病院に入院させたり 専門医に相談することも理解している。

     あ 何のことだったか。。。。先輩の医師は後輩の医師を指導するのは インドネシアでは
    ほとんどないのだが タケノコでは それが義務であり 当然とされている。

     わたしに財産というものがあるとすれば それは 微力なりに 研修プログラムをつくり
    それを受けて 医師として自立しつつある若い医師たちである。いろんなキャラがいて 中には
    すこしかわったものもいるし 美人女医もいるので 暇な人は 見に来ていただいてもいいが
    保険をもって ついでに診てくれとでもいっていただくと 大変うれしい。合掌。

    | - | 09:04 | comments(2) | - | - | - |
    はじめまして、日経メディカルという医師向け雑誌で記者をしておるものです。アジアの医療状況を調べたいと思い検索していて、貴ウェブサイトを見つけました。インドネシアで医師養成にご尽力とのこと、すばらしいですね。
    インドネシアの医療に関して、何点かお教えいただけませんでしょうか。

    ●インドネシアには医師免許システムはございますか?ベトナムにはないということで、日本で医学部を卒業すれば医師として働けると聞きましたが、インドネシアではいかがでしょうか。日本人医師が、インドネシアで医師として働くためになんらかの規制があるのか否かをお教えください。

    ●公的な保険診療はどの程度整備されているのでしょうか。公的な健康保険があるのか否か、ある場合、どの程度の診療が公的な健康保険でカバーされているのか簡単で結構ですので、お教えいただければ幸いです。

    どうぞよろしくお願いいたします。
    | 小板橋律子 | 2014/04/18 4:52 PM |

     インドネシアでは 日本の医療免許は通じません。したがって アダバイザーとか 指導者として 現地スタッフの教育が一番のしごとです。

     ベトナムには 医師免許システムはあると思います。カンボジアでは 日本の医師免許も通じるとのことです。

     ASEANは いずれ 医師免許も解放されると思いますので その時こそ 我が診療所の出番と思っています。

     ほとんどが日本人の患者さんのため いわゆる海外旅行傷害保険というものを
    もっている方が多く その保険でキャッシュレスサービスといって 支払いもクリニック側で代行するという仕組みです。

     日経メデイカルは 大手ですが あまりにもドメスッテックですね。日本の
    医療は 崩壊寸前だと危機感を持っています、貴紙で 特集を組んでいただきたいです。

     歯科医が だんだん食えない現状から 次は 医師が食えない時代がくると
    思います。国の医療費が増える可能性がゼロの中で 高度医療がどんどん取り入れられるのでは 医療人の収入が増えるはずはなく 混合診療は必然の結果
    横並びの医師の待遇なども 大きく格差が出来ると思いますが 多くの医師は
    気がついていないか 気がついても 厚生行政には手も足も出ないでいます。

     いずれ ASEANのに日本人が出て行く日が来ます。私は すこし早く出て来ただけです。
    | タケノコ医者 | 2014/04/28 12:13 AM |