SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケノコ診療所ブログ

こちらはインドネシアにある、日系医療クリニックタケノコ診療所のブログです。
<< 負け医者の遠吠え その2。 | main | 人生が楽しくなる究極の方法について >>
志ある医者 歯医者を求む。
0
     医療崩壊と歯科医過剰のなかで 苦労している医者 歯医者の先生で
    アジアの医療をしてみたいという人はいないだろうか?

     もし志があるならタケノコ診療所に来て欲しい。いくらで雇うという話ではなく アジアで日本には無い医療にチャレンジすると言う意味である。

     なにがそんなに新しいか?というと・・・この国には2億人をこえる
    人が住んでいて まだ医療は未発達の部分が多く 十分に医療サービスを受けられない人はものすごく多いということだ。

     医師数 歯科医数にしても 日本の10分の一にも満たない。

     わが診療所では インドネシア人医師の研修をマンツーマンで行い
    実力についた医師には 独立してクリニックを運営してもらう試みを
    はじめた。

     言葉の問題はあるが 研修を終わった医師たちは 文句なく優秀であると
    思う。日本人の患者に対応するときも ほとんど日本の医師に引けをとらないし 説明も十分出来ている。

     すでに 世界は国単位の医療ではなく エリア単位・・たとえば東南アジアの医療という形で考えるべきときが来ているのだはないか?

     製薬業界は このインドネシアで30数年前から仕事をしているし 工場を作ったりもしているが 医療人で この国に住み続けているとか 働き続けているという例はあんまりない。私は10年目になるが・・・10年で何が出来たのか?と自問すると・・・なんか うろうろしていただけのようでもある・・。

     が しかし インドネシア人の若き医師たちが自立し始めているのは はじめに書いたとうりである。彼らとともに 新しい医療をこの国ではじめたい。

     アジアは広く 大きい。アジアで医療を一緒にしてくれるような日本人医師 歯科医を求めている。リクルートではない。己を賭ける価値のあるもろもろが このアジア このインドネシアにあるということだ。

     見学でも研修でも 来て欲しい。一見は 百聞にしかず。
    アメリカばかりを見てきた医療人も アジアの医療を考える時期がきたのではないか?と感じる。
    | - | 22:04 | comments(22) | - | - | - |
    本当におっしゃるとおりですね
    ところで先生のご存知の孤児院とか
    ありませんでしょうか?
    | meseyan | 2008/02/20 10:47 AM |

     孤児院は 多くあると思うのですが 直接関わっているものはありません。

     インドネシアでは 孤児院等は YAYASANという福祉法人で運営しているものが多いのですが その内容が怪しいものも多くあるようで その辺のチェックからしないと 紹介もしにくいのが現状です。

     福祉はこれからの課題ではあります。

     ごみの山でごみ拾いで生計を立てている人たちの部落の子供たちなら 知っていますしご案内も出来ますが。
    | タケノコ医者 | 2008/02/21 3:20 AM |

    はじめまして。

    私は医師ではなく看護師です。来年3月に今の職場を退職し、海外で看護師として働くことを考えています。

    当初は環境のいいオーストラリアで看護師を、と考えていました。しかし、アジア人としてアジアの医療に携わることができたら、また、大好きなバリ島で看護師として働くことができたらと思うようになっています。

    ただ調べてみてもバリ島でどうすれば看護師として働けるのかその方法がわかりません。

    そんな時見つけたのがたけのこ診療所でした。バリでも何度も診療所の前を通ったことがあります。

    私でも看護師としてバリ島で働くことはできるのでしょうか?
    | kura-kura | 2008/02/21 8:33 PM |

     海外で働きたいという看護師のかた 結構いますね。気持ちよくわかります。日本の医療はすこし行き詰まっているのは誰の目にも明らかですし。

     すきな場所で すきな仕事を 好きなだけしたら とても
    豊かな人生ですね。ぼくは医師ですが そういう医者人生を送りたいとインドネシアに来たわけです。


     タケノコ診療所はまだ小さいのですが バリの医療 そしてインドネシアの医療を変えようという大きな志があります。それが夢です。
     
     あなたのがタケノコ診療所で 全力を尽くして働いていただけるのなら バリで働けるようにして差し上げることも出来ます。

     タケノコ診療所は 可能性に賭けるベンチャー医療だと
    思っています。不可能を可能にするのです。

     あ 大きなことを言っていますが バリの診療所をひらくことが夢だった時代があったからこそ いま現実にバリにタケノコがあるわけですね。

     可能性に賭けたいすべての人にタケノコ診療所は開かれています。ただ・・貧乏なので 給与が安いんですね。
    いい待遇は 自分で勝ち取るしかないのが海外で働く基本です。いくらで雇われているというような姿勢では いずれ
    お互いに不満をいだくようになります。

     現地のスタッフを育てることが重要な仕事ですが 日本人が模範となるようでなければ うまくいきません。
    お互いが豊かになれるような仕事をして欲しいと願っています。

     あなたの夢が叶いますように。

     

     
     
    | タケノコ医者 | 2008/02/21 9:42 PM |

    ありがとうございます

    孤児院をつくりたいと思っているのであります
    その子たちは何人ぐらいいるのでしょうか?
    よろしくお願いいたします
    | meseyan | 2008/02/22 10:24 AM |

     子供たちは その部落だけで140人ほどです。

     孤児はいませんが貧困者なので 学校にも行けない子供は かなり多いです。イスラムのボランテイァが イスラムの
     寄宿舎を作って 子供たちの世話をしています。
     

     インドネシアでは孤児院等 子供の福祉は とても 必要 とされています。
     ただ この国は 子供を売り飛ばすということが行われる
     国で なかなか事は易くは無いと思いますが。

     
    | タケノコ医者 | 2008/02/22 1:23 PM |

    ありがとうございました
    140人ですか 多いですね
    むむ
    | meseyan | 2008/02/22 3:18 PM |

    ありがとうございます。

    給料に関しては野宿と飢え死にすることがなければいいタイプですので問題ないかと思います。地元のワルンでもおなかを壊さないことは実証できています。

    先生のおっしゃるようにいい待遇は自分で勝ち取るべきだと思います。

    日本の医療の現状で、自分のやりたいことが見出せず、なんだか燃え尽きのように最近なっています。

    自分に何ができるのかなんて今の私には想像もつきません。
    ですが、来年3月で今の職場を辞め、新しいことを始めるにあたり、バリ島で看護師として働けるのであれば挑戦してみたいと思います。

    バリ島で看護師として働くために、私が今から準備すべきことはどのようなことがありますか?

    助言いただければと思います。
    | kura-kura | 2008/02/25 3:59 PM |

     あなたのような看護師こそ わが診療所向きです。

     1 貧乏に耐えられる 

     2 日本の医療に希望を見出せない

     3 新しい可能性に賭ける情熱がある

     海外の医療がどこでも同じだと言えるわけはありませんが
    うまくやっていうけるかどうか?の分かれ道は 技術がすぐれているかどうか?ということより 大きな意味でのコミュニケーション能力だと思います。

     海外青年協力隊の看護師の方などの話をよく聞いていますが 日の丸を背負って 教えてやる式では なかなかうまくいかないようです。

     具体的に何をするかは インドネシアで研修をしますので
    心配要りません。

     その前に 一度見学にこられるといいでしょう。

     現実を知らずに 意気込みだけ激しくては 失望もあるかもしれませんから。

     採用した方にいつもいうのは お互い大人として一緒に仕事をするということです。自立した大人でないと 遅かれ早かれ自滅するのが海外です。

     

     
     

     
    | タケノコ医者 | 2008/02/26 1:26 PM |

    過大な意気込みが失望を招くことは、理解しています。

    新人看護師が「こんなはずじゃなかったのに」と職場を離れていくこともあります。大きな公立病院ですのでいい面も悪い面も大きく現れます。それでも、疑問を感じながら自分に何ができるのかを考えていれば「こんなはずじゃ・・・」とは思わないで何とかやっていけるものです。

    5年働いて思うのは「自分の代わりが山ほどいるスペアのきく職場は何だか虚しいな。」ということです。
    毎日ぼろ雑巾のようになりながら、それでも患者のために自分のためにできることは何かと思い働いているのに、上には何も伝わらないのです。

    長々と私のことを先生に愚痴っても仕方ないですね。申し訳ありません。

    もともと東南アジアで(年中夏の国)で働くことが夢だったので、看護師としてバリで働けるのであれば、是非タケノコ診療所で働ければと思います。
    | kura-kura | 2008/03/03 5:08 PM |

    自分の代わりが山ほどいる・・・・・毎日ぼろ雑巾にように・・・

     ああ よく分かります。正直で やる気のある医療人ほど
    空しくなる構造が 医療崩壊の一面です。女工哀史というのがありましたが いまや医師ナース哀史になりつつあるのが
    日本の現実だと思っています。一般の人には わかりにくいことかもしれませんが ぼく自身 そういう限界を感じたからこそ 海外に来たのですね。

     海外の得体のしれない診療所で働きたいと思うほどに
    医療人としてのアイデンテイテイーを求めてるひとには
    インドネシアは 癒しの国になりえます。

     見学することを薦めます。ちょうどバリに新しい診療所をつくる計画がスタートしたところです。

     より有能な やる気のあるスタッフの募集を始めます。





     
    | タケノコ医者 | 2008/03/04 7:56 PM |

    新しい診療所。
    なんだか、自分にとっていい転機が来ているのかと思う魅力的な情報です。

    是非見学させていただく機会を作ろうと思います。
    見学期間としてどの程度を考えておくといいでしょうか?
    また、見学ということですが、どのような内容で見学できるのでしょうか?

    今の職場での残りの1年で2,3回(いずれも長期滞在とはいきませんが)はバリに行くことを考えています。
    また、辞めてから自分へのご褒美に1ヶ月ほどバリ滞在をと考えています。

    まだまだ看護師として未熟者ですが、よろしくお願いします。

    | kura-kura | 2008/03/04 9:04 PM |

    見学の意味は お互いの希望とスケジュールが合うかどうかを見極めるということです。

     日本の仕事をやめて 海外で可能性にチャレンジするというのはとてもすばらしいですが あとで そんなはずじゃなかった・・というのでは お互いに不幸です。

     そういう誤解が生じないためにも バリとジャカルタを両方見学していただければと思います。時間的には一週間あれば十分でしょう。

     方法としては 診療所にメールをいただければと思います。

     

     

     


     
    | | 2008/03/05 2:11 PM |

    ブログ上でいろいろ教えていただきありがとうございます。
    また、改めて診療所にメールしたいと思います。

    | kura-kura | 2008/03/08 9:20 AM |

    新年はじめてのコメントさせていただきます
    あけましておめでとうございます
    推薦入試で医学部に合格した高3なのですが、以前からインドネシアに興味があって、将来は、医療の分野でインドネシアで活動したいと思っていました。大学が決まり、余裕ができたので、まだ早いかもしれませんが、卒業後のことを調べていました。そして、このサイトとめぐり合うことができました。
    日本ではできないことをインドネシアでやっていく開拓精神に非常に惹かれました。私事ですが、高3(現在)まで文系にいて医学部受験を決めたので、よりその精神に惹かれたのと、哲学関連にも興味があったので、ここだ!と直観で思いコメントさせていただきました。
    長くなりましたが、質問があるのでさせていただきます。
    今後、インドネシアで医師をしたいということを視野にいれて考える場合、大学もしくは、資格等で必要なものはなにかあるのでしょうか?また、参考になる本なども、できれば、お願いします。
    | yoga | 2010/01/01 4:36 PM |

     そうですかあ。お若いのに なかなか感心です。

     卒業後というのは・・・確かに まだ最低6年後ですから
    まだ 早いような気がしますが でも 志を立てることなく
    漫然と医学を学ぶより 「何のために医者になるのか?」を
    突き詰めておくことは 無駄ではありません。

     立派であるかどうか?ではなく 医者になってどうしたいのか?を考えてください。

     日本の僻地医療するのも アメリカで研究するのも アジアで働くのも なんでも可能でしょう。

     本というなら パキスタンで30年近く現地の医療をしている 中村哲先生の本がいいでしょう。若いころ飲み屋で中村先生の話を聞いて いつかアジアへ・・・と思ったものです。ぼくは ぼくなりで 中村先生の足元にも及びませんが・・。

     健闘を祈ります。
    | タケノコ医者 | 2010/01/05 10:17 PM |

     べに様 コメントに気がつかず 失礼しました。

     ジャカルタにおいでの際は ぜひタケノコ診療所においでください。

     せっかくの医師免許 もったいないですね。長期的な展望を持ってください。あなたを必要な場所が たくさんあると
    思います。ただ ご主人の理解が一番先だと思いますが。
    | べにさま・・・タケノコ医者 | 2010/01/05 10:31 PM |

    ありがとうございます。
    医者になって何をするか これを念頭に置いて四月から大学での勉強に取り組みたいと思います。
    ちなみに、学校では地域医療学をとることができるので、それも楽しみです。日本における僻地とアジアにおける僻地、全体の集合が違うだけで、比較としては似ているかと思います。
    中村哲先生の本をさっそく探して、読んでみます。
    それでは、よいお年をお過ごしください。
    | yoga | 2010/01/06 10:17 AM |

     コメントありがとうございます。ぜひぜひ行きたいと思います!
     
    | べに | 2010/01/06 12:23 PM |

    タケノコ先生こんにちは。先生には何度か診てもらいました。インドネシアで介護を根付かせ、日本人が余生はインドネシアで過ごしたいと思えるような介護センター等を運営させてみたいのが夢です。ご意見いただければ幸いです。
    | kuning | 2010/11/19 6:49 PM |

     インドネシアでも 今後介護が必要になると考えています。

     日本人が余生をインドネシアで・・・というのは中途半端で 自分が介護されるようになったとき 安心できるような・・・であれば成功する思います。

     それから・・・介護センターを運営させてみたい・・・というのは 人任せにするという意味ですか?

     運営したい・・・というなら お話ができるかもしれませんね。
     
    | タケノコ医者 | 2010/11/23 3:12 AM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2017/02/09 7:54 PM |